« 上洛 | トップページ | プチ京都観光 »

恩師の還暦祝賀会@亀岡

Kameokaということで、恩師の還暦祝いの会場へ向かうために二条から亀岡へ。亀岡駅にて fujaata の研究テーマの先輩(レコーディング・スタジオ設計者として有名)のNさんと、某音響機器メーカで設計を担当している後輩のF君と偶然にも合流。3人でタクシーに乗り会場の亀岡ハイツへ。15分あれば余裕で着くかと思ったのですが、結構遠いことが判明。20分以上かかって到着。

で、準備を整えいざソフト・ボール大会を始めようとすると、狙ったかのように雨が降り出す始末。雨の合間をぬって何とか記念セレモニーと試合を挙行。一通り試合を終えずぶぬれで部屋に帰る頃には綺麗に晴れ上がっていました。過去にも何度かこんなことはあったので、きっと強力な雨男(女?!)がいるのかも。
夜の宴会は卒業生の家族も含め80人程の大宴会。この研究室は音場解析、制御といった分野をテーマとしているのですが、中でも騒音・振動制御の分野の研究に強く、特に藤原先生の業績の中心となる防音塀に関する分野は知られているところです。当然この分野で活躍する卒業生も多く、学会・業界ともにこの分野での多くの著名人を輩出しています。
残念ながら fujaata のテーマはそっちでは無く、研究室では「非常にマイナー」な部類であり、仕事も音響機器メーカの一設計者というのもその他大勢感が漂います。そもそも fujaata は院からの横入り組なので元からマイナーな存在(?!)なので、この辺はどうでもいい感じ。じゃぁ機器メーカ関係者は少ないのかと言えばそうでもなく、不思議と業務用音響機器の分野でも関係者の顔を見かけることが多いのです。何かと仕事の場面でも関係があったりお世話になることもしばしば。しかも多くの方が企業でも個人の顔を持って仕事をされているのは立派。fujaata もその他の誰かになってしまわないようにしたいものですが、現実はそうもいかず会社の歯車の一つとしてひっそり業務にいそしむのが良いところでしょうか。

そんなことはさておき、全国に散らばって日頃顔を合わせることが出来ない人たちとの宴会は楽しいもの。夜中まで飲んで大いに盛り上がり、fujaata 含め最後まで頑張った連中が結局寝たのは午前4時。まるで学生のような宴会だったのでした。皆そんなに若くないのによく頑張った。でも不思議と二日酔いにはならなかったのでした。皆さん、またお会いしましょう。

|

« 上洛 | トップページ | プチ京都観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/12091054

この記事へのトラックバック一覧です: 恩師の還暦祝賀会@亀岡:

« 上洛 | トップページ | プチ京都観光 »