« London 入国審査 | トップページ | London チャリ事情 »

London 散策

移動の都合で London に着いたのは日曜の早朝。今回の出張唯一の Free Day となりました。午前中だったのですがラッキーなことにホテルにチェック・インができ、ロンドン市内観光に出かけました。

London_01London_011London_02London_03London_04地下鉄で Wedtminster 駅へ行きまずはお約束 Big Ben を観て、ウェストミンスター寺院を通りそこからバッキンガム宮殿に向けて St. James's Park 脇を歩きました。途中王室警備隊の本部前で軍楽隊が整列しているのを発見。隊列を組んで何やら演奏してくれるかと思えばそんな様子は無し。そのまま宮殿へ向かうともの凄い人だかり。ここで気がつきました。期せずと衛兵交代のタイミングに宮殿前にたどり着いたのでした。全く予期していなかったので非常にラッキー。人混みの影から宮殿へ向かう軍楽隊と衛兵の列を観ることが出来ました。

London_05London_051London_052London_053London_054London_055今度は宮殿を背にしてナショナル・ギャラリー方面へ。そのままレスター・スクゥエアを目指します。運が良ければ当日券でミュージカルでも観ようとチケットを求めて行ったのですが、あいにくというか思った通り希望のものはありませんでした。レスター・スクゥエアではブリティッシュ・スタイルのブラス・バンドが野外コンサートを開いていました。なかなか良いバンドでしっかりしたアンサンブルが印象的。1 ~ 2 曲聴いてきました。Lonodon のことは良くわかりませんが、こういった野外演奏会が当たり前のように開かれているのかも知れません。なかなか良い感じです。

London_06London_061次にお買い物エリアのコベント・ガーデンへ向かい、ロンドン交通博物館脇のマーケットを眺めてきました。ここでもフルートと弦楽器のグループが演奏していましたが、こちらも結構な数の聴衆を集めていました。博物館前ではそれなりのスピーカを置いてカラオケで楽器演奏している人も。

London_07London_08コベント・ガーデンを後に昼食を求め SOHO 地区へ向かったのですが、その前にちょっとバーによりピールを一杯。O さんのオススメで常温ビールを飲みました。さすが O さん「水分はほとんど酒で摂っている」と言うだけあって、どこへ行ってもお酒に詳しい。常温ビールはもっと生ぬるいのかと思ったらそんなことは無くて、ビールそのものも味が濃い感じで美味しい。英国はこういった立ち飲みのバーがそこらにあって、ビールだけをちょっと一杯飲んで行くというのが普通のスタイルだそうです。

SOHO 地区をぶらぶら歩き、たまに見かけるライブ・ハウスの軒先のスケジュール表を見たりしながら昼食を探します。さんざんアメリカ飯を食べてきたので、やはり日本食が欲しくなる。ということで「Satuma」へ。
O さんはラーメン、fujaata は焼きそば。そしてここでもやっぱりビール。キリン一番搾りです。全くもって普通の日本食。何の違和感もありませんでした。

London_09London_10London_11London_12その後楽器屋街を覗き、オックスフォード・ストリートに出て、ここからしばらく単独行動。通り脇の店を眺めたり、SOHO 地区のお店を覗いたりしながらピカデリー・サーカス方面へ向かいます。英国は休日に長時間労働をしてはいけないらしく、店が開いている時間が限られています。夕方にはほとんどが閉店してしまいます。しかし時期はバーゲン・シーズン。それでもかなりの人出です。

そういえばおそろいのオレンジ色の体育着の様な制服を着た、修学旅行にやってきた中国人と思われる中学生くらいの集団が、大量のブランド品の袋を下げて歩いているのには驚きました。いや、あまりに不釣り合いなその姿に、違和感を感じざるを得ませんでした。日本人の学生が、海外でブランドものを買いあさる姿はこういう風に見えるのかなと、ちょっと考えてしまったのでした。英国は物価がめちゃくちゃ高くて、何でも 1 USドル=1 ポンドくらいの値段です。1 ドルが 115 円、1 ポンドが 230 円くらいでしたから、ほとんど米国の倍です。セールだし、幾つかのお店に入って気に入ったものがあれば買おうかなと思ったのですが、日本円にするとセールでも日本のプロパーの価格とほとんど一緒です。とても大貧民の fujaata に手が出せるようなお値段ではありませんでした。

London_13London_14ピカデリー・サーカスへ行き、時間もあったので王立美術館の庭を覗いてきました。巨大な妊婦の像が建っているのですが、半分は解体モデルのようになっていてちょっとグロテスク。


London_15London はかなり安心感のある街で、日本のような雰囲気を感じます。もちろんテロもあったくらいなので油断は禁物ですが、米国ほど緊張感は感じません。


London_16再び O さんと合流し、夕食に。英国に来たのだから一度はイギリス飯でしょ、ということで定番の Fish & Chips と Baked Potato を食べたのでありました。正直、あまり旨いとは思いませんが、今回行ったお店はそれでもそれなりに美味しかった。前回英国で食べた Fish & Chips は妙に脂っこいだけだった記憶があるのですが、そうでは無かったのは幸いでした。

この日は一日海外旅行気分を満喫したのでありました。

|

« London 入国審査 | トップページ | London チャリ事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/12090980

この記事へのトラックバック一覧です: London 散策:

« London 入国審査 | トップページ | London チャリ事情 »