« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

台風一過

いよいよ台風シーズン到来です。地球温暖化が進むと日本を通過する台風の数が増えるという報告もあるようです。これから益々多くの台風が日本列島を襲撃するようになるんでしょうか。
大きな災害をもたらす台風ですが、それゆえ直撃という話になると「どうしよう」と言いつつ、不謹慎ながら何となく一大イベントが始まるような気分になるのも確か。もっとも本当に直撃されたら洒落になりませんから、心配しているうちは平和の証。一度被害が出れば土砂崩れや建築物の崩壊、そして犠牲者も少なからず出ますから笑ってなんかいられません。

昨日は台風 7 号(マリーンという名前だそうな)が、まさに住んでいる東海地域に上陸しそうな雰囲気で、しかも気象予報では今日の午前中にモロ直撃を受けそうな気配でした。
職場では昨日「これって出勤できるのか?!」と話題になったり、接近に備えていつもより早く帰る人続出でした。確かに昨晩遅くはかなりの風と雨。こりゃ、朝は大変だなと思いつつ布団に入りました。

...で朝起きてみると...あれ、晴れてるよ。雨はおろか風もほとんど無い状態。どうやら直前で方向が変わって直撃をまぬがれたようです。
この時期の大気の状態もあるでしょうが、fujaata が住んでいる浜松は、西は紀伊半島の紀伊山脈、北は日本アルプスの一連の山脈があり、それが台風の進路を阻んでいるのではないかと思います。そのせいか台風だけでなく、周辺地域で雨が降っても浜松近辺だけは降らないというのもよくあります。決して雨が降らない乾燥地域ではありませんが、水害は少ない地域かも知れません。

River_side暴風雨の中の出勤を覚悟していましたが、予想外の晴天だったので自転車でほんのちょっと遠回りしながら会社へ。台風一過の川と空を写真を撮りながら出勤したのでした。忙しいときこそ、こういう息抜きも大事だなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QUADRA LIVE@Hamamatsu

で、しばらく書き込みが出来なかったので既に 1 ヶ月近く前の 7/15 の話になりますが、fujaata の高校時代の部活の先輩であるプロ Sax 奏者の武田和大さんが活動している Jazz Saxphone Quartet の QUADRA が浜松で Live を行うというので聴いてきました。ちなみに武田さんはこのサイト(Musicproz)そのものの運営も手がけられています。

会場は浜松の中心地田町のバーCrystal、予約はしなかったもののメンバーのド真ん前で聴くことができました。
リズム・パートなしの完全にホーン 4 本だけのシンプルなアンサンブル、なのに最初からもの凄いパワーに圧倒されました。リズム隊がいないのにゴリゴリのリズム感、その上で奏でられる超絶技巧のアドリブにメロメロです。もちろんスローなナンバーではしっとりしているのですが、それでいて音色の芯はがっちりしていておおらか。そうですよね、本当はホーンはこうじゃなくちゃいけません。個人的には綺麗なだけのナヨナヨした管の音はどうもいただけないので、今回の演奏は嬉しかった。fujaata は Sax 吹きでは無いので、この Live がどれくらい素晴らしいかを適切に表現することは難しいのですが、音楽として素直に楽しむことが出来たことだけは間違いありません。

前回の Yamaha Jazz Festival もそうですが、自分の演奏で人を楽しませることができるというのは素晴らしいなと思います。そういう仕事をしているのが自分の先輩だっていうのもちょっと嬉しいですね。ちなみに武田さん、fujaata より 5 年先輩です。...ということは先輩とは言え普通に考えれば高校時代は全く面識が無いはずなのですが、fujaata が高校在学中たまに本番や練習に顔を出してくれていました。で、その時から顔を覚えていて下さり、今回も「来てね」と直接案内を頂きました。昨年も浜松で Live があったのですが、fujaata が丁度海外出張中で行くことが出来なかったので、今年は聴けて良かった。また是非お会いできればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この 1 ヶ月(以上)は....

何をしていたんでしょうかねぇ。> fujaata。
8 月も既に 6 日を経過。来週から夏休みな今日この頃。前回 Blog を更新したのは 6/19 でしたか。あちゃ~、またしてもサボり過ぎですかね。いや、決してサボっているつもりは無いのですが、全く書いている余裕が無かったことだけは確か。最近この Blog を設置しているココログ@Nifty ではアクセス解析サービスの提供が始まっていたのに気がつかず、今日確認してみたところ毎日結構な方が覗いて下さっているようで、ありがたいやら申し訳ないやら。ネタは山のようにあって時間さえあればナンボでも書けるのですが、とにかく書いているヒマが無いのです。ちょっと今回はトホホな話になりそう。(^^ゞ

一番の原因は本業がアホみたいに忙しいこと。昨年今の部署に異動を命じられたときに覚悟はしていましたが、それでも想像以上に与えられた業務は重かった。いや、都合のいいように前向きに考えれば自分を買ってくれた上で任された仕事ではあるものの、それでも一年以内に開発開始予定の新規製品の仕様を 2 つまとめながら、現在開発中の製品実装の一端を担って、尚かつ自分が設計に関わっていない複数の製品のサポートを同時にやるって結構無茶苦茶ですね。fujaata じゃなきゃ出来ない仕事とは申しませんし、居なくなれば何とかなるんでしょうが、fujaata を含め一緒に仕事をしている誰か一人でもコケれば当面は結構な影響が出るのは間違いない状態。体調がちょっとばかし悪くても休もうなんて思えないですね。毎日 8 時出社で早い日で 22 時位に退社。遅ければ通勤時間自転車で 15 分の自宅に着くのは午前様。入社した直後しばらくがこんな状態だったのを思い出します。でもこれが世の中の多くのメーカ技術者の姿かも知れません。

こんな中、先月後半 10 日間程、世界一周海外出張を命じられ行ってきました。行き先は L.A.、N.Y. London の 3 都市。これだけ書くと「いいなぁ~」なんて言われること必至ですが、中身は fujaata にとってヘビー極まりないものでした。簡単に言えば現地のトップ・クラスの専門家に製品開発のためのご意見を伺うってものですが、タダでさえ英語ダメダメ星人なのに、専門領域の深い部分の話をしてくるわけですから日本語でも厳しい内容。いくら人手が足りないからって、キャリア・チェンジ後 1 年足らずの fujaata に行かせるって言うこと自体、どうかしてます。
もちろん、出張先で楽しいこともありましたが、仕事の重さに心から楽しめたかと言えば素直に Yes と言えないのが辛いところ。会社のためになったかと言われれば完全に No。多少なりとも自分のためにはなりましたけどね。出張中も相変わらずネタ満載なのですが、若干期待している方もいるかと思いますのでどこかで書く機会があれば書きたいと思います。

加えて東回りの世界一周は時差の関係でさらに疲労が加わり本当にしんどかった。10 日も仕事場を空ければその分の仕事は溜まっているのもお約束。出張のまとめも当然必要、というかこれをしなくちゃ何のために出張したかわかりません。あと一週間我慢すれば夏休み、それまで何とか頑張るしかありませんね。あ、でも夏休みも若干憂うつ。大げさに言えばそこには日本の高齢化社会が抱える問題の縮図が待っているのでありました。少なくともワクワクするような話はほとんど無いなぁ。

とはいえ土日に出社する状態では無いし、夏休みは予定通り取れそうなのでまだ良しです。これで休日が充実していたらもう少し元気になれるのですけどね。平日こんな状況ですから、休日は疲れ切ってあまり元気がありません。洗濯はめちゃくちゃたまっているし、買い物や生活全般のことで結構一杯です。せめてバンドへ行って楽器を吹いてストレス解消をしようにも最近正指揮者が練習に来ることが出来なくて代わりに指揮を振らなければならず、ここ 2 ヶ月吹かせてもらえない状態。これも残念感満載。

正指揮者の代わりに指揮を振ることを「代指揮」って言いますが、練習の代指揮はあまり楽しいものではありません。それは代指揮者が音楽的な表現を付けちゃ行けないのがお約束だからです。つまりやりたいようにやれないってわけです。あくまで正指揮者が練習に来るまでに技術的な部分を解決しておくのがその役割ですから、メトロノーム代わりに棒を振りながら「そこの音程が悪い」だの「リズムがおかしい」だの言うのがお仕事。ね、つまらんでしょ。それでもって自分は本来楽器を演奏するのにその練習が出来ないわけです。
もし、これを読んでいる方で部活やアマチュア音楽団体で活動していて、日頃の練習はメンバーが指揮者の代わりに演奏をまとめている場面に遭遇している方がいたら、代指揮の方に心からの感謝をして頂きたいと思います。多くの場合、代指揮をしている人の指揮者としてのスキルは高くありません。それ故メンバーからは下手な指導に非難の声すら出ることがありますが、その人が好きで棒を振っているのでなければ、それは大きな間違いであることを心に留めておいて欲しいと思います。幸い fujaata は今のところメンバーが指示に耳を傾けてくれているのがせめてもの救いですけどね。

とまぁ、トホホな気分をぼやいてみたものの、今はそういう時期だと腹をくくるしか無いんですよね。仕事を変われば新人同様からスタートでキャリアを積むしかないし、身の回りに問題があればそこから逃げることは出来ないし。その中でいかに充実した日々を過ごせるか、これもまた一つの人生における勉強と言えるかも知れません。

本当はやりたいことは山のようにあるのです。もっと楽器も吹きたいし、自転車にも乗りたい。部屋もきれいにしたいし、遊びにも行きたい。専門の勉強もしたいし、英語の勉強もしなきゃいけない。購読している雑誌や買った本は積み上がっているし、CD もゆっくりスピーカで聴きたい。言い出したらキリがないですね。でも、今やらなきゃいけないこと、優先しなくちゃいけないこと、我慢しなくちゃいけないことがあるのも確か。なかなか思うようにはならないですが、今は耐える時期なのかも知れません。せめて顔だけは元気に過ごしたいと思っていますので、皆さん相手してやってくださいな。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »