« 健康診断 | トップページ | 琉球料理屋にてお食事会 »

浜名湖一周ツーリング

GW 明け以降天気が冴えない今年の日本列島でしたが、先週からやっと五月晴れらしい天気になりました。なんて言っていたらもう 6 月です。平年で言えば来週から梅雨入り。

そんな気候の今日この頃ですが、先週 6/3 に前々から DAI ちゃんと O 氏と計画していた浜名湖一周ちゃりんこツーリングに行ってきました。企画自体はもう半年以上前からあったのですが、なかなかスケジュールの都合がつかず、GW 前にやっと日程を決定。ですが最近のこの天候ですから当日の天候がかなり気になっていました。しか~し fujaata の日頃の行いがすこぶる良いせいか、これ以上ないんじゃないのって言うくらいの好条件。久しぶりに長距離を走ることができました。

朝、O 氏の自宅に集合し、O 氏の車で浜名湖ガーデンパークへ。ここを起点に一周することにしました。ちなみに O 氏の自宅まで fujaata はちゃりで自走。といってもその距離は 3km 程度と思われます。

O 氏はこの春導入した新兵器で参戦。冗談ではなくまさに兵器。紙で出来ているんじゃないかと思ってしまうほど軽量な Cannondale 製ロード・レーサ (SIX13 TEAM REPLICA 2006)。一体この兵器調達資金はどこから出てきたのやら...完全に病気。誰ですか、この人に自転車に乗ることを薦めた人は。(^^ゞ
DAI ちゃんは DAHON の超軽量折りたたみ HERIOS SL を投入。折りたたみとバカに出来ない装備と軽さで、かなりの楽勝感が漂います。fujaata はこのところの通勤車である Bike Friday の Air Glide で参加。長距離ツーリングを想定したセッティングにしてあるので、密かに O 氏の追い込みを狙っています。...って別に競争するわけじゃありません。どちらかと言えばダラダラのポタリング。

実は DAI ちゃんと fujaata は 2 年半前に一度浜名湖を一周しているのですが、当時は DAI ちゃんも fujaata も MTB にアスファルト用タイヤ (DAI ちゃんのはセミ・スリック) を履かせたもので走ってました。特に DAI ちゃんのマシンはどちらかといえば下り系のフレームで重たい自転車でした。それからすると今回のマシンはかなり高性能。きっと楽し~く一周できると思われます。

10 時頃ガーデンパークに到着し、10:15 頃スタート。天気は曇で風もさほど無く絶好のコンディション。まずは浜名湖東岸を北上し細江を目指します。舘山寺までのコースは自転車道が整備されていて湖の景色を楽しみながら快適に走れます。ですが、強風時は波がコースにかぶってしまい迂回を強いられる場所でもあります。今回は絶好のコンディションですから、とにかく走っていて楽しい。そりゃハイ・スペックなマシンに乗った O 氏を煽りたくなろうってもんです。まだスタートから数キロm、こんなところで無駄に体力を使うのはどうかという気もするでしょうが、所詮全長 60km のコースですからね。ちなみに O 氏のマシンに装備されたスピード・メータによると、アタックをかけている時は約 45km/h 程度の速度が出ていたそうです。思ったよりスピード出ますねぇ、Air Glide。

舘山寺を過ぎると一端一般道へ出て三ヶ日方面を目指します。動物園を越えて程なくしてまた脇道に逸れるのですが、ここからはちょっとした Up and Down があります。前回 DAI ちゃんと走ったとき、ここで道を間違えて国民宿舎のある山の上まで走ってしまい、結局引き返すという痛い目に遭いました。今回は気をつけたので間違えずに本来のルートを走ることができました。

東名高速を越えて一路細江へ。あまり広くない一般道から再び自転車道へ入りますが、そんなに距離はありません。一般道と自転車道を繰り返しながら細江の自転車と歩行者の専用橋の澪つくし橋へ向かいます。前回は工事中で渡れず、気賀駅直近の一般道の橋を渡りました。今回は渡ることが出来て良かった。橋を渡ってそのまま南下するのがコースですが、ここらで昼食をとるために北上して気賀駅方面へ向かいます。ここまでおよそ 1 時間 15 分ほど。

Hamanako_01Hamanako_02Hamanako_03昼食は気賀駅近くの鰻屋である「清水屋」で鰻丼を堪能することに。前回も DAI ちゃんとここで昼食をとりました。今回のツーリングのお楽しみポイントの一つです。言い出しっぺは誰とは申しませんが、ここで鰻丼を食べるためにスタート地点とスタート時刻を決めたようなものです。一番リーズナブルな鰻丼を注文しましたが、それでも満足のおいしさ。ウマー!! このお店たいそうな人気振りで、前回もそうだったのですが帰る頃には店外に入店を待つお客さんがたくさんいました。

昼食後 DAI ちゃんと fujaata は清水屋向かいの和菓子屋さんとやまで「みそまん」を GET。名古屋を中心とした中部地区は何かと味噌風味大好きエリアですが、このみそまんも味噌風味のあんこ入り饅頭です。二人とも 3 個ずつお買い上げ。

Hamanako_04Hamanako_06fujaata が気賀駅前の銀行に寄って用を済ませた後、午後の部スタート。再び南下し、澪つくし橋を通過して三ヶ日方面へ向かいます。ここからはほとんどが一般道と併走となり、車を気にしながら走る必要があります。浜名湖北西の猪鼻湖外周を回るという話もあったのですが、単に一般道を走る距離を増やすだけで面白く無さそうだったのでパス。そのまま南下します。このあたりはかつてのリゾート地帯で一般道とは言っても結構のどか。猪鼻湖と浜名湖が繋がる河口にある瀬戸橋を渡りしばらく行くと州ノ鼻という岬が見えます。岬の入り口で休憩です。ここも前回の休憩ポイント。景色もそれなりに良いはずなのですが、今回は曇っていたのであまり印象的では無かったのが残念。それでも出発の頃には薄日が差していました。

Hamanako_05休憩時に DAI ちゃんは O 氏のマシンに試乗していました。図体のでかい fujaata には合いませんが、DAI ちゃんの身体にはぴったりのサイズでなかなかよさげでした。ヘタするとそのまま乗って帰ってしまいそうな勢いだったのを我慢して、ツーリング再スタートです。

Hamanako_07州ノ鼻は小さな岬ですが、ここを回るかそれとも一般道で行くかはちょっとした違いがあります。州ノ鼻経由では若干の遠回りになるだけでなく、結構急な坂があります。前回はパスしたのですが今回は経由することに。登りはそれなりにきついものの、丘の上は見晴らしも良くて気分がいいですね。来た甲斐があったというもんです。

丘を下り一般道と合流してさらに南下。一路街を目指します。この先は一般道を走るだけ、かつ景色も普段の街並みなのであまり面白くはありません。ひたすらゴールを目指している感じです。この適当感が良くないのか、惰性で一般道を走ります。しかし時間が経つにつれ、そして我々の進行方向が変わるにつれ風が強まり、平地の一般道を走っているのにスピードが上がらず妙に苦しい走りとなりました。

さすがにツーリングも最終局面かつ向かい風でそれなりに疲れていたのと、適当感満載で走っていたので計画していたコースを外れてしまいました。別に的外れな方向を走ったわけではありませんが、結果的に自転車では走りにくいコースをたどってしまいました。前回は新居関を経由したのですが、今回は間違えて浜名湖競艇場を経由。基本的に車がわんさか通ることになっている道なので、それなりに景色は良かったものの楽しむ余裕無し。

Hamanako_08Hamanako_09ゴールまで残すところあと数 km の浜名湖と太平洋が繋がっている河口部にある乙女園付近で休憩。別に最後まで走っても良かったのですが、急ぐわけでもないし、景色を楽しむ余裕もなく走ってきたので一息入れました。さすがにお腹が減ったので持参したメロンパンを投入。昼食のウナギ効果はとっくに切れています。天気も良くなっていました。

Hamanako_10Hamanako_11残り数 km はのんびりでした。潮干狩りに興じる人々を眺め、浜名湖大橋の上で写真を撮りスタート地点のガーデンパークへ無事帰還。時刻は 16 時過ぎでしたが、実質の走行時間は 4 時間までは行きません。さっき休憩したばかりなのに、ここでも一周した満足感にしばらく浸ってました。DAI ちゃんと fujaata は気賀で買ったみそまんを食べちゃいました。これもうまかった。久しぶりに自転車を堪能した一日でした。v(^^

再び O 氏の車で集合場所に戻り、そこから fujaata は当然自走で帰宅。この日は O 氏や DAI ちゃんより 10% 程度余計に走ったかな。この帰り道の途中の清掃工場付近の交差点で信号待ちをしていると、見覚えのある色とナンバーの車が fujaata の目前を通過。少し前まで住んでいた寮の後輩 M 君の車でした。これだけなら「こんなところで見かけるとは...」程度の話ですけどね。この後の伏線になっていたとは。(F. O.)

|

« 健康診断 | トップページ | 琉球料理屋にてお食事会 »

コメント

うな丼・みそまん・メロンパン。ステキな響き。
うな丼オンリーショットとうな丼&DAIさんが一番いい絵です。何だか食べ歩き(乗り)ツアーのようで羨ましい。牽引とか2人乗りが可能ならば便乗したいくらい(笑)

まだ暑くなる前だから、のんびりと浜名湖の景色も楽しめたみたいですね。湖面がきれい。
楽しみながら体を動かせることっていいね。また次回の報告を楽しみにしています。

投稿: osaru | 2006年6月11日 (日曜日) 21:24

そりゃ、目の前ににんじんがぶら下がっていれば馬も速く走ろうってもんですわ。(謎)

...とそれはさておき、本当はおいしいものを食べるのが目的でもいいくらい。おいしいもの食べて、運動して、きれいな景色を見て、とっても健康的で幸せな感じ。
参加、いつでも受け付けてます。

投稿: fujaata | 2006年6月11日 (日曜日) 22:03

そーなんです、食べ歩きツアーの要素も含んでおります、我々のツーリング。
ちなみに今回浜名湖を時計回りで回るプランで行ったとすると舞阪で間違いなく「魚あら」とか「山本亭」あたりでうまいもの食っちゃってるんじゃないでしょうか。。
ってことで時計回りも行きますか!!

投稿: DAI | 2006年6月17日 (土曜日) 00:39

時計回り、若干景色を楽しむのには向かないけど、ウマイものが食べられるのなら無問題です。(笑)
「何故、自転車で走るのか」と聞かれれば「そこにウマイものがあるから」っていうのが答えですかねぇ~、はっはっは。
...奥様にしかられない程度にしておきましょうね。> DAI ちゃん。

投稿: fujaata | 2006年6月17日 (土曜日) 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/10384808

この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖一周ツーリング:

« 健康診断 | トップページ | 琉球料理屋にてお食事会 »