« Bike Trial 練習 | トップページ | Yamaha Jazz Festival in Hamamatsu »

浜松 Jazz Week, Street Jazz Festival

浜松市や関連団体、企業によって、毎年この時期に「浜松 Jazz Week」と題したイベントが一週間程度開催されます。この期間は浜松駅を中心としたエリアで、毎日何らかしらの Jazz event が開催されています。今年は昨日から始まっていて、来週 18 日まで続きます。

今日はその中のイベントの一つである Street Jazz Festival がありました。浜松駅付近数カ所のライブ会場で、近隣地域だったりそうでなかったりのアマチュアが軒並み顔を揃えて演奏を繰り広げるイベントです。基本的には野外ステージでの演奏になります。が、今日はあいにくの雨。それでも各会場にはいつもは存在しない仮設テントが設置されており、多少なりとも力の入ったイベントであることは間違いありません。

fujaata も浜松駅北口駅前広場で Blue Notes のメンバーとして出演してきました。天候は思わしくなかったものの、出番は夕方だったため雨も何とか上がり、多数のお客さんに聴いていただくことができました。ライブハウスやホールでの演奏も良いですが、野外も良いですね。もちろん音響条件は非常に悪いので演奏はそれなりに難しくなりますが、良い演奏をすればそれだけたくさんの方が足を止めて聴いてくださり、ダイレクトに反応が伝わるのがストリートの良いところです。Blue Notes では Ictus、Berlin、Lady's Blues、Ya Gotta Try, ... Harder の 4 曲を演奏。どの曲も結構な曲者ですが、今回は結構良い演奏だったのでは無いかと思います。

次回も是非良い演奏をして...と言いたいところなのですが、Blue Notes は今回の演奏をもってこれまでの形態の活動に終止符を打つことになりました。とは言っても消滅するわけでは無く、プロ志向の活動に衣替えをすることになったのです。現在は下は fujaata みたいなレベルから、上は職業間違えちゃったレベルまでメンバーが混在しており、バンドのレベルも活動の方向性も統一しにくくなったのが今回の決定に至ったリーダーの理由でしょう。あ、決して内部分裂といった話ではありません。別に雰囲気が悪いわけでも何でも無いのですが、メンバーはみな本業を抱えつつ活動していますから、音楽活動に捧げられる時間は限られています。その中でプロと同等の技術を持ち、プロと対等な立場で演奏活動を行いたいメンバーも多数いるわけで、よりそういう方向性に特化するということです。

ということで Blue Notes というバンドは今後東京や名古屋(はたまた海外も?!)のメジャーな場所での活動や本格的なレコーディングまで視野に入れた活動に向かうと思われます。これまでのように地元主体での活動では無くなると思われます。じゃ、そういうレベルにない残りのメンバーはどうなるか。これはまだハッキリとは決まっていません。が、恐らく派生したバンドを作り、こちらはこれまでの Blue Notes が担ってきた地元中心の活動を行っていくことになるでしょう。もちろん fujaata もせっかくこの分野の扉を開いたのですから、引き続き活動を行っていこうと思います。是非、今後も演奏活動の場に足を運んでいただければと思います。

|

« Bike Trial 練習 | トップページ | Yamaha Jazz Festival in Hamamatsu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/10485680

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松 Jazz Week, Street Jazz Festival:

« Bike Trial 練習 | トップページ | Yamaha Jazz Festival in Hamamatsu »