« 引っ越し開始 | トップページ | 信州リンゴ KitKat »

Singer for Singer

Singer先日、浜松駅付近の楽器店が移転セールをやっていて、再販指定期間切れの CD を安く売っていたので覗きに行ってきました。その時買ったのが表題の CD です。

Singer for Singer は邦楽の Singer & Song Writer が MISIA のために曲を書き、それを MISIA がレコーディングしたもので、前から多少気になっていたのですが、たまたま見かけたので購入しました。これが想像以上に気に入りました。
まず楽曲そのものも良いのですが、個人的にはアレンジがかなりツボにはまりました。特にバックのホーンが聞いていて気持ちが良い。録音のエンジニアリングも良い感じです。

全 10 曲、どれも好きなのですが、中でも 2 曲目の藤井フミヤによる「星空の片隅で」と宮沢和史による 5 曲目「君だけがいない世界」、8 曲目「風のない朝、星のない夜」、久保田利伸による「Holy hold Me」が個人的にヒットです。
中でも 2 曲目の「星空の片隅で」は昨年放映されたドラマ「みんな昔は子供だった」のエンディング・テーマだった曲で、ドラマで聴いたときも良いなと思っていました。聴いていて気分の高揚感があります。印象深いのは決して主演女優のせいではありません。バックの Brass のフレーズもイイ!

アルバム全体を何度か聴いているので頭の中で曲が回るのですが、CD を聴き直すと頭で描いていたテンポより実際はゆっくりな演奏です。言い換えれば頭の中では実際よりテンポ感良く印象に残っています。これはアレンジももちろんですが、MISIA の歌がゆっくりでもきちんとビート感を出せているからだろうと思います。さすがですね。

|

« 引っ越し開始 | トップページ | 信州リンゴ KitKat »

コメント

今頃、退寮して路頭に迷ってる頃と思ったんだけど・・・しぶとく生きていたか・・・(笑)
で・・・無事に転居(島流しか?)が済んで、落ち着いたようだね^^。

さて、親父の7回忌の日取りが、5月4日になりました。いずれ案内状を送らせていただきますが、ご両親にお伝えくださいね。ゴールデンウィーク中で申し訳ないのですが・・・。

で・・・何故、明朝体にこだわってるのだ??読みにくいし・・・MSUIゴチックにしたらいいのに^^;;;;

投稿: 福井のアルファ乗り(笑) | 2006年2月17日 (金曜日) 23:24

いやいや、まだ寮にいますよ。休日に少しずつ荷物を運び込んでいます。本格的に転居するのは月末です。

法事は 5 月 4 日ですか。了解しました、知らせておきます。

表示については、何も設定していないのです。基本的にはお使いのブラウザの設定に従うと思います。こちらの手元ではゴシック系のフォントで表示されます。
が、同じページを別なマシンの同じブラウザで見ると明朝になることもあり、実はこのあたりよくわかっていません。(謎)

投稿: fujaata | 2006年2月18日 (土曜日) 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/8634918

この記事へのトラックバック一覧です: Singer for Singer:

« 引っ越し開始 | トップページ | 信州リンゴ KitKat »