« 家財購入 | トップページ | ASAhi パソコン休刊 »

家財購入...しちゃいました。

先週末 1/28 に転居先で使う家電製品を「やっと」購入しました。今回購入したのは洗濯機、炊飯器、電子レンジ、トースター、ガス・テーブルそしてエアコンです。購入に当たってはそれぞれある程度機能、性能などを調べました。真面目に選ぶと結構悩みますね。以前、福岡で一人暮らしを始めたときは、とにかく安く、早く揃えばいいという観点でしか考えませんでしたが、さすがに社会人ともなると一人とはいえ家電に要求される機能や性能が生活に影響する部分が大きくなっているので、何でも良いというわけにはいきません。

今回重視したのは購入時の価格はもちろんなのですが、ランニング・コストに気を使いました。ここ数年、地球温暖化防止のための京都議定書の発効もあって、急激に家電の省エネ化が進んでいます。多少高くても省エネ性能が高い機器の方が 10 年スパンで考えると安く上がることもあるようです。ものにもよりますが家電はおよそ 10 年周期くらいで買い換えられる傾向にあるようです。実際には一人暮らしですから、どの機器も計算するほど使用頻度は高くないでしょうから省エネによる費用効果は出ないと思いますし、思ったより早く故障する可能性もあります。が、このご時世、家電くらいエネルギー効率の良いものを選んで使うのがせめてもの罪滅ぼしかと。ちなみに家電の消費電力の大きさ Top 3 はエアコン、照明、冷蔵庫だそうです。

選択にあたっては財団法人省エネルギーセンターの発行する省エネ性能カタログを参考にしました。後は Web サイトで各機器の個別の情報や使い勝手、価格を見ながらいくつかの候補を選んでから電気店を回りました。

参考までに今回購入したのは下記の機器。

<洗濯機>
東芝 AW-80DB
昔ながらの垂直ドラムの全自動洗濯機。今流行の斜めドラム式やフロント・イン・タイプは実は洗濯時間が長く、言われているようなメリットばかりでは無いようです。価格も高価で個人的にはまだまだ未完成の物だと判断しました。東芝製を選んだのは、とにかく運転時の音が静かであること。これは音屋としては見逃せません。消費電力は最も消費電力が小さいとされる松下製よりかなり多いものの、実は洗濯機が消費する絶対的な電力はさほど大きくはありません。むしろ大きいのは水の使用量。スペック上は東芝製の方が節水効果が大きく、トータルのコストでは松下製より低くなる計算です。乾燥機付きの AW-80VB と悩みましたが、これまで一度も乾燥機を利用したことが無いこと、使わなくても困らなかったこと、また乾燥機を使うと衣類を乾燥させた分の水分は室内に放出され、結果的に室内が湿気ることから不必要と判断しました。

<炊飯器>
松下 SR-TD10H (SR-DG10H の量販店仕様、機能と性能は同一)
中級クラスの炊飯器。炊飯器については松下の IH 炊飯器は定評があると感じています。各種メディアでの比較テストでも常にそれなりの高評価を得ており、このモデルもその一つです。一つ上の SR-XE10 と迷いましたが、購入時の価格差が想像以上に大きく、コスト・パフォーマンスの良さで選びました。SR-XE10 はあと数千円安かったら購入していたかも知れません。一般家庭なら毎日使う物ですから、性能に満足できるなら多少の価格差であれば高いものを購入しても価値があると思います。一日あたりの価格差は僅かであるはずです。

<電子レンジ>
SHARP RE-SD20
レンジ機能のみの小型の単体でも良いかと思ったのですが、多少オーブンであぶることもあるかと思い、オーブンレンジにしました。松下の NE-F23、三菱の RO-L3C の容量 23L の機種も値引きが良くて機能の割にお買い得だったのですが、その機能を使いこなすことはなさそうだったのと、多少小さい (容量 20L) ものの機能的に充分だと思えた RE-SD20 が圧倒的に低価格だったことで決めました。オーブン・レンジの良いものを買えばトースターと兼ねられるのでスペースの節約になると考える向きもあるようですが、オーブン・レンジのトーストは時間が余計にかかった上あまり結果が良くないようです。実家を含め、トースターとレンジを別に用意している家庭をいくつか知っており、やはり同様の評価のようです。なのでメインはやはりレンジの利用だと考えたのもレンジに多くを求めなかった理由です。同時にトースターは別に購入することにしました。一つ他の選択肢として松下の NE-TM1 というトースター・レンジというものがあり購入を考えましたが、浜松近辺で取り扱っている店を見たことがありません。売っていない物は買えませんから...。

<トースター>
松下 NT-T17
大手家電メーカ製では最も安い部類の機種です。最近寮に同じ物が導入されたことと、フロントのパネルを外して洗うことができるのが他と比べて良さそうなので選択しました。一つ上位の NT-T37 は温度調節が出来るのですが、使っているヒーターと構造は同一なので、焼き具合は時間設定で充分コントロール出来ると考えました。実際、今まで実家で使われているトースターを考えても、全て時間しか設定できない単機能品で何の不満も無く、またそれ以上の機能も必要になったことが無かったのでこの機種で充分という結論になりました。

<ガス・テーブル>
リンナイ ハオM570GFT-(R)
ガス・テーブルは本当によくわかりませんでした。とにかく店頭で見てみましたが性能差は本当に見ただけではわかりません。天板の仕上げやグリルの大きさ、機能、バーナーの位置や出力、安全機能で比較することになるのですが、何が充分でというのがまるでわかりません。で、結局のところ、型落ちで大幅に割り引かれて(後で調べたら 5 割以上引かれていた) おり、元々は結構な高額商品だったハオM570GFT-(R) を買いました。型落ちとはいえ上位機種ですから、温度センサーやらタイマーやら自動消化機能といった安全機能やらがてんこ盛りで、同程度の価格の現行機種よりはお買い得というのが決め手となりました。

<エアコン>
東芝 大清快 RAS-225EDR (x2 台)
今回、エアコンについては相当調べました。一番高額かつランニング・コストがかかるのがエアコンですね。しかし 10 年くらい前と比べると電気代は約半分になっていると言われています。それでも家電の中で最も電力消費が大きいと言われているので、以前のものは相当電気代がかかっていたのだろうと思います。寮の部屋に設置されているのも骨董品みたいなエアコンなので、かなり電気を消費しているはずです。10 年前のエアコンを使い続けるなら買い換えた方が最終的には安上がりと言う話もあるようです。確かにエアコン本体は安い物は相当安くなっていますからね。
最近の家電製品は「省エネ基準」というものが設定されていて、多くは 2004 年の基準に対して何 % 省エネを達成しているかという表示があります。前述の省エネ性能カタログを見ると、購入したクラス(最も小型)の部類では松下製の「CS-X225A」という機種が最もエネルギー効率が良いことになっています。もちろんその松下製を第一候補に挙げていたのですが、既に各社から 2006 年モデルが発表されつつあって在庫はありませんでした。この松下の機種はフィルタを自動的に掃除する「お掃除ロボット」が初めて搭載され、かなりの人気機種だったようです。
で、次点以降を見ていくと日立、東芝の最上位機種が並びますが、この 3 機種にはそれほど極端なエネルギー効率の差はありません。松下がやや頭が出ている感じではありますし、個人的にも総合的に見て使用目的から松下製に分がありました。このあたりの詳しいことはまた機会があれば書きたいと思います。
そこで次点候補として今回購入した東芝の RAS-225EDR を選びました。転居先は 2LDK なのですが、そのうち隣接したリビングと和室に 1 台ずつ設置することにしました。冷房だけなら一台でもまかなえるのですが、暖房もエアコンでまかなうことにするので、暖房性能から必要台数を算出しました。気温が氷点下近くまで下がる環境ではエアコンでの暖房は効率が著しく低下します。しかし浜松は冬は寒いときもあるものの夜中でも氷点下まで下がることはそんなに多くないので、エアコンを暖房器具として十分使うことができます。扇風機を併用して空気を循環させ、本当に寒いときはコタツやホット・カーペットのような局所暖房を用いることで、効率的な運用が可能です。ただ、冷房性能に比べて同じ広さに対して十分な暖房を得るのは難しいので、暖房基準で個別設置にしました。購入費用はかかりますし、その分の埋め合わせにはなりませんが、個別に運用することで無駄な電力は使用しなくて済みます。多少地球環境にはやさしいかと。
どの程度の規模のエアコンが必要かを検討するにあたり参考にしたのは、主にこのページ。ここで必要なエアコンの大きさも計算することができます。8 畳の部屋だから 8 畳用が必要というわけでは無いんです。
エアコンについてはまだまだ書くことはたくさんあるのですが、また別途機会をみて書くことにします。

以上、これらの物を結局ヤマダ電機で買いました。浜松価格ですから驚くほど安くはありませんが、ポイント値引きと現金値引き、まとめ買いを駆使して、浜松にしては安く買えたと思います。電子レンジとガス・テーブルは全国的に見てもほぼ最安値で買いましたし、トースターと炊飯器は価格比較サイトの平均価格と同等かちょっと高い程度。洗濯機は浜松にしては安いものの、価格比較サイトから比べると割高。但し配送料と設置料を含んでいますから多少仕方がないところもありますがそれにしても高め。エアコンは在庫処分の良いタイミングで複数買ったことが効を奏し、配送と設置工事含めて一台あたり 7 万円台後半で済みました。5 万円クラスの機種より 20 % は節電効果が得られることになっているので、使い方にもよりますが長い目で見ればそこそこ元は取れそうです。それでいて最上位機種なので換気機能や空気清浄機能も付いているので、今の段階では良い選択だったと思います。

とまぁ、今回の大きな買い物はこんなところでしょうか。あと照明器具も別途調達をかけていますがこれはまたの機会に。

ところで全然関係ないのですが、どなたか不要になった外付けのアナログ FAX モデムを fujaata にくれるって方はいませんかねぇ...。

|

« 家財購入 | トップページ | ASAhi パソコン休刊 »

コメント

嫁のスペックはどんな感じで?

投稿: よんよん | 2006年2月 2日 (木曜日) 15:59

ん?! こんな感じかな。
http://www.kuninaka.tv/index2.html
http://www.toshiba-ad.com/ad/star/index_j.htm

投稿: fujaata | 2006年2月 3日 (金曜日) 00:08

いまどき、家電製品の型番を覚えてるなんて立派ですな(笑)

投稿: はいういんど | 2006年2月 3日 (金曜日) 02:25

う~ん、他のものの記憶力はほとんどないのだけど、昔から音響機器やら楽器の型番を覚えるのは得意だったなぁ。学生の頃、今勤めている会社の製品型番はことごとく覚えていた気がするし。

投稿: fujaata | 2006年2月 3日 (金曜日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/8443323

この記事へのトラックバック一覧です: 家財購入...しちゃいました。:

» 家電を買う前にチェックしたいサイト [欠陥住宅?ローコスト住宅? 埼玉県民共済住宅の家作り]
新築には新しい家電が似合う,ボロボロの冷蔵庫,TVなんて悲しい。 家電を買うならまずこの2サイトは見て欲しい! PS.埼玉県民共済では家電も売っていますよ [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金曜日) 05:43

« 家財購入 | トップページ | ASAhi パソコン休刊 »