« 継続は...?! | トップページ | 痛い »

眼球振盪

タイトルは (がんきゅうしんとう) と読みます。眼振と略すことも多いようです。これは fujaata が生まれつき抱えている眼の疾患です。眼球振盪とは何ぞやと言うと、乱暴な言い方をすると「目玉が絶え間なく揺れ動く」というものです。多少調べてみたりもしたのですが、何故発症するのかといった原因や、治療法についてはあまりわかっていないのが現状のようです。Web ではここ (わぶりぃ・あいず) とかここ (マラソンと福祉のページ)の中のこのあたりに情報があります。fujaata の場合は先天性特発性眼振というものに相当すると思われます。自分の疾患のくせに「思われる」と言うのはなんですが、要は幼稚園のころから通院しているのでそこ時に診断がでているのだけど、当時の自分には理解不能だったということです。まぁ、間違いないでしょう。fujaata の場合幸い症状の程度は日常生活に不自由を来すほどではなく、ほぼ健常者と同様の生活を送ることが出来ています。車も普通に運転しますからね。いや、本人はあまり健常者との違いを意識していることは無くて、むしろたまにハッと意識する場面に遭遇するといったところです。ところが前述 Web のページを読み進めると「ごくわずかに車を運転できる人もいます」という記述があり、これが本当だとすれば fujaata はこの疾患を持つ者としては相当ラッキーな部類に入ると言うことかも知れません。
眼振も様々な症状や状態があるようですが、fujaata の場合はとにかく両眼とも不定方向に細かく振動するようで、どうも斜視もあるようです。斜視は以前からあったようなのですが、あるらしいことがわかった(自分で認識した)のは実は数年前のことです。これについては別の機会に。そして fujaata の場合顔を正面に向けたまま 45 度くらい下方に視線を置くと眼振が弱くなる、つまり視力が出ます。ということは日常においては顔を 45 度ほど上に向けてやると前方が見やすいということになります。なので周りから見ればいつもぽか~んと空を見ているような格好で歩いています。あとはおまけで眼球自身も強度の近視と乱視があります。これでもコンタクト・レンズを使えば視力検査で片眼 1.0 ずつ出るのです、一応。一応というのはある前提のもとでのことなんですが、これもまたの機会に。
お陰様でこれまで 30 数年、まったくの健常者と同じ扱いで一応生活することが出来ているのですが、やはり全く同じようには出来ないこともあるし、ヘタに健常者と同じ生活をしているが故に理解されないことも多々あったりするのです。このあたりについても次の機会に書くとします。今回はこの辺にて。

|

« 継続は...?! | トップページ | 痛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29925/1076325

この記事へのトラックバック一覧です: 眼球振盪:

« 継続は...?! | トップページ | 痛い »